僕の故郷だった

Ricerca anteprima in corso...
Anteprima non disponibile
  • Categoria libro:

    Biografie, Saggistica

  • Anno:

    2016

  • Dimensione del file:

    1,9 MB

  • Protetto con Social DRM
  • Lunghezza:

    649 pagine (edizione cartacea)

  • Lingua:

    jpn

  • Isbn:

    9781507122815

epub

€ 1,99
epub
Aggiungi al carrello
Puoi leggere questo ebook sui seguenti device:

Computer

E-Readers

iPhone/iPad

Androids

Kindle

Kobo

Trovi questo ebook solo nel formato epub

Quarta di copertina


ネブローディ山脈に佇む小さな町、ガラーティ・マメルティーノ。その中心からは、多くのストーリーが溢れている。まさに「僕の故郷だった」は、そのひと欠片を蘇えらせる。
躍動感あふれる登場人物、魅惑の香りと昔ながらの味わい豊かなストーリー20作品を通じて、作者は真実と架空な様を巧みに使い、自身の青春時代の軌跡を辿る。
読み続けていくなかで、南イタリアの弱き声を感じる。あきらめと憂鬱に混迷した、そしてなお、過ぎ行く日々や、地元離れ、不当な現実と貧しさに打ちのめされて疲れた、傷を負った地へ愛しみをもつ苦しい声。それでもこの地を離れた人々の心にいつも生き続けている。
それらの思い出が記憶に刻まれ、まだ今でも感動を与えてくれた、そこに生きたあの瞬間、あの日、あの時が映像、想い、言葉として溢れ、こぼれ落ちる感情の残りを形づくり、心に蓄積されていくのである。

0 commenti a "僕の故郷だった"

Solo gli utenti registrati a Bookrepublic possono scrivere recensioni agli ebook.
Effettua il login o registrati!